更年期障害

Menopause foreign

はじめに

日本産科婦人科学会は「閉経の前後5年間を更年期といい、この期間に現れる多種多様な症状の中で気質的変化に起因しない症状を更年期症状と呼び、これらの症状の中で日常生活に支障をきたす病態を更年期障害とする」と定義しております。

更年期障害の症状

更年期障害では、主に下記のような症状がみられます。これらの症状に対しては、ホルモン補充療法、漢方療法などを行います。

自律神経失調症状

顔のほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)、異常な発汗、動悸、不眠など

精神症状

情緒不安定、イライラ、不安感、抑うつ気分など

その他の症状

腰痛、関節痛、筋肉痛、嘔吐、食欲不振、湿疹、排尿障害、頻尿、外陰部違和感

検査

ホルモン検査(FSH値40mIU/mL以上かつE2値20pg/mL以下)

血液生化学検査(血算、肝機能、腎機能検査)

甲状腺機能検査(血中freeT3、freeT4、TSH測定)

治療

ホルモン補充療法
低用量の経口エストロゲンや経皮エストロゲン、黄体ホルモンなど

漢方療法
当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸など

向精神薬
選択的セロトニン再取り込み阻害薬、精神安定剤、催眠剤など

何か心配なことが
ありましたら、
一人で悩まずに
ご相談ください。

何か心配なことがありましたら、一人で悩まずにご相談ください。何か心配なことがありましたら、一人で悩まずにご相談ください。
047-322-7755 9:30-13:00/16:00-19:00 土曜は午前中のみ 休診:水曜・日曜・祝日
bottom_spimg02.png