妊婦健診

Obstetrics

妊娠が分かった時期から妊娠20週ごろまでの妊婦検診をおこないます。
それ以降は分娩施設へご紹介をさせていただきます。

妊娠中の出血やおなかの痛み等の症状があればご相談ください。

妊婦健診について

健診の間隔は妊娠初期から妊娠23週までは4週間に1回、妊娠24週から35週までは2週間に1回、妊娠36週以降は分娩まで1週間に1回が原則となりますが、妊婦さんと赤ちゃんの状態に応じて適宜診察をいたします。妊娠の初期は分娩予定日が決まるまで頻繁に診察をすることがあります。
また、血圧、体重、尿検査(蛋白尿、糖尿)、腹囲、子宮底長、超音波検査(胎児心拍や発育状況など)は毎回おこないます。※腹囲や子宮底長は一般的に妊娠16週以降に測定をします。
妊娠初期の検査項目は次のようになります。

1子宮頸部細胞診検査

妊娠初期に子宮がん検診をおこないます。1年以内に子宮がん検診を受けた方は検査結果をお持ちください。

2ABO式・Rh式血液型

分娩時の大量出血に対する輸血や血液型不適合妊娠への対応として検査をします。

3不規則抗体

ABO式血液型に対する抗体で、輸血や妊娠により体内で産生され黄疸を引きおこす新生児溶血性疾患の原因になります。

4貧血と血糖

妊娠中の貧血や妊娠糖尿病の検査に必要です。

5B型・C型肝炎

肝炎ウイルスは分娩の際に赤ちゃんに感染する恐れがあり、将来子供の肝臓の病気になります。

6梅毒

母子健康法で義務付けられた検査です。血液検査の結果が陽性でも早期発見で治療をすれば赤ちゃんには感染しません。

7HIV抗体

HIV感染の早期発見と治療、母子感染の観点より検査をします。

8風疹抗体

妊娠初期に風疹にかかると胎児の眼や心臓、耳などに影響を及ぼす可能性があります。

9HTLV-1抗体

成人T細胞白血病の原因ウイルスの検査になります。

10トキソプラズマ抗体

先天性トキソプラズマ症の予防や胎児の影響改善のために検査をします。

何か心配なことが
ありましたら、
一人で悩まずに
ご相談ください。

何か心配なことがありましたら、一人で悩まずにご相談ください。何か心配なことがありましたら、一人で悩まずにご相談ください。
047-322-7755 9:30-13:00/16:00-19:00 土曜は午前中のみ 休診:水曜・日曜・祝日
bottom_spimg02.png