不妊治療

Infertility

はじめに

子供を欲しいと思った御夫婦が、1年たっても妊娠をしないときは不妊症の可能性がありますので早めの検査・治療をお勧めいたします。

妊娠をご希望されてから1年以内に約90%近くが妊娠されますので、約10~15%が不妊となります。女性側の年齢別にみると20歳代前半までは5%以下が不妊ですが、30歳代後半になると30%、40歳以降では60%以上が不妊になります。

女性の年齢が高くなるにつれ、妊娠率が低下していくことがわかります。女性の年齢の上昇のともなう卵子数の減少と、卵子の質の低下、染色体異常の卵子の増加が考えられています。したがって、しっかりと検査・治療とすすめていかないと妊娠は難しくなります。

原因

1男性因子30%

主な原因として造精機能障害(精子がうまく生産されない)、精索静脈瘤(精巣の血流がよくない)、射精障害、勃起障害があります。ご希望があれば専門クリニックへご紹介させていただきます。

2女性因子70%

ⅰ)卵巣因子20%
多嚢胞性卵巣症候群、高プロラクチン血症、早発卵巣不全

ⅱ)卵管因子20%
クラミジア性卵管炎などで卵管の通過性が悪くなったり、子宮内膜症によって卵管周囲に癒着を認めたりすることが原因になります。また子宮筋腫や子宮内膜ポリープが卵管へ影響を及ぼすこともあります。

ⅲ)子宮因子20%
子宮筋腫や子宮内膜ポリープが受精卵の子宮内膜への着床障害の原因になる可能性があります。

ⅳ)免疫因子など10%
抗精子抗体の存在が精子の運動性や受精に影響を及ぼします。

検査

各検査の説明をしながら、納得していただき順次すすめてゆきますのでご安心ください。
初診でいらした方は、過去の不妊治療歴やご質問などをお聞きするため、お時間に余裕をもってお越しください。検査や治療方針などを円滑にすすめるために初診時はご夫婦で受診をしていただきたいと思います。検査はおもに自費になりますが相談をしながら検査をすすめていきます。もし、ご希望されない検査は、おこないませんので予め、おっしゃってください。

1ご主人の検査内容

精液検査と感染症の採血検査(生殖補助医療を実施するかたは必要です)をおこないます。精液検査は予約制になりますので初診(不妊相談)の際に(精液を入れる)容器を受け取ってください。奥様の排卵時期は避けて検査をしたほうが良いと思います。また前医で同様の検査をおこなった方はできれば検査結果をお持ちください。

検査結果によって概ね治療方針が決まります。精液検査が正常範囲のかたは、タイミング療法から開始します。少し少ないかたは人工授精から開始します。非常に少ないかたは体外受精から開始します。したがって、精液検査を最初に実施しないと、いいかげんに治療がスタートすることになります。

2奥様の検査内容

ホルモン等の採血と経膣超音波検査が主なものになります。検査費用は、混合診療ができないため、約4万円くらいかかります。3か月以内に他医で検査をしたかたは、検査内容や結果によっては代用することができます。それ以上前に他医で実施された検査は医師の判断で再実施いたします。あらかじめご理解ください。女性の検査は、月経期間・排卵時期・排卵後の期間で実施する検査項目が異なります。お仕事などで来院できない場合もありますので、一通りの検査が終了するまで2~3か月かかることがあります。また、検査期間と有効にするため、治療も並行しておこないます。※自由診療と保険診療は、同日にはおこなえません。あらかじめご理解ください。

〇基礎体温の測定
婦人科体温計(当クリニックでも販売)を使って連日測定することが基本になります。目が覚めたら直ぐに口内で測定し、紙の基礎体温表(当クリニックにあります)に記載して線で結んでください。スマートフォンに記録しているかたは、基礎体温表に記入して線で結んでください。スマートフォンは、基礎体温の線が縮小されてしまうため、不妊症の治療の際は不向きです。単に記載しているだけの評価になります。基礎体温表には月経期間、体調、治療や検査内容など気が付いたことを余白に書いておくと便利です。体温表の見方は外来でご説明をいたします。基礎体温表500円税、基礎体温計3000円税は当院で販売しております。

〇子宮がん検査
1年以内にがん検診をおこなった方は、検査結果をお持ちください。当院では妊娠を前提に治療をすすめていきますので年1回の頸がん検査をおこないます。

〇乳がん検診

不妊治療はホルモン剤を使用することが多いので、婦人科検診もかねて乳がん検診を各自、お願いしております。検査を実施する施設は連携施設にご紹介いたします。

〇クラミジア抗原検査
性器クラミジア・トラコマティス感染は卵管性不妊症や卵管妊娠の原因といわれております。

〇経膣超音波検査
子宮筋腫や卵巣嚢腫、子宮内膜症などの婦人科の病気を診たり、卵胞(卵子が入っている袋)の大きさから排卵を予測したりします。また子宮内膜の状態を評価いたします。必要に応じて骨盤MRI検査をおこないます(同医療モール内の画像センターへ優先的にご紹介をいたします)。

〇超音波子宮卵管通水法
卵管の疎通性を評価する検査です。放射線被ばくがなく、外来でおこなえるため卵管因子不妊症の検査としての有用性が評価されております。レントゲンを使用した検査と異なり、痛みが少ないのが特徴です。こちらの検査は、月曜日~金曜日の午前中に実施いたします(自費15000円税)。月経2~4日目に来院してご予約をとるかたちになります。

〇女性ホルモン検査
卵胞刺激ホルモン(FSH:卵巣を刺激する)、黄体化ホルモン(LH:排卵させる)、プロラクチン(PRL:乳汁を分泌させる)、エストラジオール(E2:女性ホルモン)のホルモン値を測定します。女性ホルモン産生の目安になります。女性ホルモンの基礎値は月経2~4日目に採血で測定します。黄体ホルモン(排卵してから子宮内の環境を整えるホルモン)は、排卵してから約1週間後に採血して測定します。

〇男性ホルモン検査
テストステロンや遊離テストステロン、アンドロステンジオン値を測定は多嚢胞性卵巣症候群の診断に有用です。

〇抗ミュラー管ホルモン
卵巣予備能を測定します。この結果により治療のスピード(ステップアップするかどうか)や卵巣刺激の目安になります(自費5000円税)。特にこの値が1.0前後のかたは、スピード感をもって検査・治療に取り組まないと卵子が知らないうちにゼロになってしまいます。

〇抗精子抗体
精子に対する抗体の有無を調べます(自費4000円税)。この抗体があるかたは、子宮内に精子が入っていかない、受精しない可能性があります。

〇血液・生化学検査など
貧血や肝機能、血糖値、インスリン値、尿検査などを調べます。特に血糖値やインスリンのバランス(HOMAといいます)は排卵に影響を及ぼすことがあります。HOMAの結果により内服薬(メトホルミン)を処方することがあります(自費1000円税/錠)。

〇甲状腺ホルモン
甲状腺刺激ホルモンなどを測定します。潜在性甲状腺機能低下症は流産、早産、胎児発育遅延、児の知能発達遅滞と関連するといわれております。甲状腺の病気の疑いのかたは、専門クリニックへご紹介いたします。

〇風疹抗体検査 自費3000円税
風疹の抗体のない方は、治療に入る前に風疹ワクチンの接種をすすめております。風疹ワクチンは予約制になります。ワクチン接種後は2か月間は避妊をしてください。以前、風疹抗体検査をおこなったかたは、検査結果をおもちください。

治療

実施にあたってはご説明のもと、ご納得をしていただき治療にすすみます。既往歴(今までにかかったことがある病気)や合併症(現在かかっている病気)によっては当院で検査や治療がおこなえない可能性があります。また、婚姻関係にないかたはお受けしておりません。もし、実施した場合は当院では責任は負いかねます。あらかじめご了承ください。
心配なことや不安なこと、聞きたいことはどうぞお気軽にご質問してください。

ご夫婦の意向で人工授精から、あるいは生殖補助医療からスタートしても構いません。どの治療からスタートするか、どの治療をどのくらいの回数を実施するか、どの治療までおこなうかを、おおまかに決めておくのも良いかと思います。妊娠することが治療の目的になりますが、、、『薬は注射はしたくない。』『タイミング療法だけしたい。』『人工授精だけしたい。』『排卵だけみてほしい。』『基礎体温だけみてほしい。』というかたがおります。まずは、お二人で決めた治療を優先してください。

ご夫婦には、それぞれ将来の子育てについてのお考えがあるかと思います。妊娠期間や子育て期間を短くすることはできません。したがって、短期間で検査・診断・治療・そして妊娠することをお勧めいたします。どのくらい期間に治療したから妊娠できるかどうかの確証はありません。納得しながら後悔しないことが大切です。

また不妊治療は、卵の発育状況を中心として検査・治療がすすんでいきます。つまり、検査や治療は卵の発育状況によってすすめていくことになります。仕事優先(仕事でこれない等)、あるいはプライベート優先(旅行に行く等)になると妊娠までの期間が長くなる可能性があります。生活の中で、不妊治療の優先順位をどの位置付けにするか、事前に決めておくのも良いかと思います。

ご夫婦、特に女性の側で考えるならば、『子供が欲しい。』『子供を産みたい。』という思いは、ごく自然なことです。妊娠できる期間は限られています。よくご夫婦で相談して治療をしたほうが良いかと思います。

タイミング療法
経膣超音波(卵巣や子宮をみるもの)や基礎体温表、尿検査、ホルモン採血をおこなって、排卵する時期を予測して性交をとるように指導をいたします。周期あたりの妊娠率は約3%です。

人工授精
主に男性因子の方やタイミング療法を一定期間おこなっても妊娠にいたらない場合は人工授精をお勧めいたします。
最初の3~4周期目に妊娠する方が多く、周期あたりの妊娠率は約5%です。

生殖補助医療(ART)
当院は『千葉県特定不妊治療助成事業指定医療機関』です。
生殖補助医療(ART)とは、体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)のことをいいます。

卵管性不妊、男性不妊、免疫性不妊、子宮内膜症、原因不明不妊の方が対象になります。中でも男性不妊や受精障害など顕微鏡を使用して授精させる以外の治療では妊娠の可能性がないか、極めて低い場合は顕微授精をおこないます。本邦における成績は新鮮胚による移植あたりの妊娠率は約20%です。一方で凍結融解胚による移植あたりの妊娠率は約30%になります。具体的な流れは次のようになります。詳細については当クリニックでイラストを用いながらご説明をいたしますのでご安心ください。

a)GnRHアンタゴニスト法、クロミフェン法等の卵巣刺激法によって複数の卵胞を発育させ、静脈麻酔を用いて採卵をします。

b)経膣超音波を用いて針を卵胞に刺して卵子を回収します。

c)射出した精子を洗浄、調整をして卵子に添加します(媒精)。媒精の後に顕微鏡下で授精の確認をおこないます。

d)受精してから胚盤胞へ発生した胚の中から形態良好な胚を選んで移植をします。ただし卵巣過剰刺激症候群の可能性や排卵誘発剤による子宮内膜への影響が懸念される場合は移植せずに全ての胚を凍結保存します。どちらの場合でも分割期や胚盤胞を凍結することになります。凍結胚は超急速ガラス化法によって液体窒素で保存をします。そして次回の月経がきてから移植の日程をたてることになります。当クリニックでは日本産科婦人科学会「生殖補助医療における多胎妊娠防止に関する見解」および「ヒト胚および卵子の凍結保存と移植に関する見解」に基づき、1個の胚移植が原則としております。35歳以上の女性や2回以上続けて妊娠不成立であった場合は2個の胚移植もおこなっております。凍結胚の移植可能な時期は卵子を採取した女性の生殖年齢を超えず、また御夫婦関係の継続を確認してから実施をしております。

何か心配なことが
ありましたら、
一人で悩まずに
ご相談ください。

何か心配なことがありましたら、一人で悩まずにご相談ください。何か心配なことがありましたら、一人で悩まずにご相談ください。
047-322-7755 9:30-13:00/16:00-19:00 土曜は午前中のみ 休診:水曜・日曜・祝日
bottom_spimg02.png